カトリック雪ノ下教会

鎌倉キリシタン

鎌倉キリシタンの殉教
Martyrdom of Christians in Kamakura

 

元和9 年8 月(1623 年)、鎌倉で5 人のキリシタンが捕縛されました。その場所は極楽寺村の海岸ではないかと思われます。その5 人とは小袋谷村(現北鎌倉と大船の間)あたりにあったキリシタン伝道所の責任者、フランシスコ会第三会の幹事役ヒラリオ孫左衛門夫妻と江戸浅草から巡回中のガルべス神父、看房ホアン長左衛門、同宿ペドロ喜三郎でした。
10 月13 日(1623 年12 月4 日)ガルべス神父、ホアン、ペドロ、ヒラリオ孫左衛門は、江戸品川あたりで他46 名と共に処刑されました。その日はよく晴れた寒い日だったと記録されています。11 月3 日(1623 年12 月24 日)ヒラリオ孫左衛門の妻も、他36 名の人々と共に処刑されました。
有名な島原の乱(1637 年)よりも14 年も前の出来事です。

 

In August 1623, five Christians were arrested in a place believed to be at the beach in Gokurakuji village:
Hilario Magozaemon and his wife were in charge of missionary center in Kobukuroya village (the area between present-day Kita-kamakura and Ofuna).
Farther Francisco Galvez, a Fraciscan priest who had come from Asakusa, Edo (present-day Tokyo) to celebrate the Mass. Juan Chozaemon and Pedro Kisaburo, were the catechists and the companions of Father Galvez.
On December 4, 1623 Father Galvez, Juan, Pedro and Hilario Magozaemon were executed at Shinagawa, Edo along with other forty-six Christians.
Hilario Magozaemon’s wife was executed on December 24, 1623 in a group of thirty-seven consisting of relatives of the executed Christians, their wives and children, and people who had given shelter to them.
This happened fourteen years before the Shimabara Rebellion.

 

幹事役ヒラリオ孫左衛門幹事役ヒラリオ孫左衛門の妻幹事役ヒラリオ孫左衛門夫妻

絵 村田佳代子
Art by- Murata Kayoko.

© 2019 カトリック雪ノ下教会